Hathtaar's Notebook

絵を描く日々とその記録。Procreateを布教したい人のブログ

インプットはたのしいか

 f:id:r15708:20190720204602j:plain

近々、キムタク祭りを開催する予定。今夜じゃないのか、と言われそうだけど昨日の疲れが抜けていない。疲れる映画なのである。ホラーに分類されていてもおかしくない描写が多々ある。フランシス・ベーコンを思わせる悪夢のような作品も出てくる。それなりに元気がないと観れない映画。

今まで数々の憂鬱になる映画を観てきた。途中で席を立てないので、最後まで観る。ラース・フォン・トリアーとは握手かと思わせて殴り合いになるだろう。この世界には確実に人を憂鬱にさせる映画ってある。この映画は鬱映画じゃない。むしろ、美しい映画だったな、という個人的な感想をもっている。